google-site-verification=Lhgtoo8tKZJgAkGAy-bsrfJdYfEk8faUTAui9B9DpnA 第13話 秘密公開調教クラブ1 奴隷 恵理  - 凌辱という果実~M女の居場所~Domestic love

第13話 秘密公開調教クラブ1 奴隷 恵理 



ここ一週間、恵理は胸の高鳴りを抑えきるのがやっとだった。

 


毎日が新鮮で、一日が過ぎ去るのが待ち遠しかった。

 

 

      そして、その日がやってきた。

 


自宅から地下鉄を乗り継いで30分くらい。駅からはあるいて20分くらいだろうか

 


閑静な住宅街に入ってきた。

 


坂の上に位置しており、見晴らしがとても良い。

 


        辿り着いた。

 


確かに、サキの苗字が書かれた表札がある。

 


教えてもらった住所で検索するとスマホのGPSはこの家を案内した

 

 

「貴女に教えるからには、ちゃんとした雰囲気を出したいの」

 


この1週間、サキのこの言葉の意味について、何度も考え直した。

 


SMでちゃんとした雰囲気って、

 


どう考えてもハードSMとしか考えられない。

 


いや、初心者に対してサキはそんなことしないはず

 


とそう、弁解してみた。

 

 


              恵理は純粋なのだ。

 

 

 

 

呼び鈴を押した。ドキドキが収まらない。返事がない。

 


その時、何も言わず門が開いた。向こうには誰もいない。

 


10m先に建物があり、扉までまっすぐ小道が伸び、両側を

 


手入れされた芝が太陽の日を反射させていた。

 


自分に用意された花道のように



         恵理「こんにちは」

 


返事がない。だが、恵理が来ていることはわかっているはず。

 


どこかで見ている。

 


ラインが入った。

 

 

サキ [よく来たわね、恵理ちゃん]



                                                                                      恵理 [こんにちは、サキさん]

 


サキ [門をくぐって待ちなさい]

                                                                                  


                                                                                      恵理 [はい、お邪魔します]

 

 


                                                       「ガシャン」

 


                                                門は、勝手に閉った。

 

 


恵理は恐怖を感じ振り向いた。鍵が自動的に締められるのが見えた。 


   「ガチャッ」 

 

 

もう後には戻れない。閉じ込められた。

 


    恵理 [緊張します、サキさん]

 



サキ [そうね、今日はすこし頑張ってもらうわ]

 




                                                                     恵理[怖いわ、サキさん、早くお会いしたい]

 

 


サキ [私たちの世界を知りたいんだったわよね]

 


 


  恵理 [はい、そのつもり出来ました。もう始まっているのですか?]

 

 



サキ [そうよ、ここから貴女の姿がよく見えるわ]

 




                                                                       恵理 [緊張します。]

 



サキ [今日から生まれ変わるのよ]

 



                                                                       恵理 [はい、宜しくお願いします。]

 

 



サキ [私が許すまで、貴女はここから出られないわ]




サキ [貴女は私の言いなりになるのよ]

                                                                                  



                                                                                   恵理 [わかりました]

 



サキ [今から言うことを実行しなさい]

 



                                                                                   恵理 [何をすれば]

 



サキ [今着ている服を脱ぎなさい]

 



                                                                                   恵理 [え、ここでは無理です]

 




サキ [嫌ならずっとそこにいなさい]

[こないだ、貴女話していたわよね]

[部屋でよく裸で過ごすって]

[いつもやっていることじゃない]

 

 



サキ [脱ぐまでずっと待っているわ]

 



                                                                                   恵理 [わかりました]

 

 

 

 

 

 

                                                                                   恵理 [これでいかがですか]

 



サキ [下着が残っているわ]

 



                                                                                   恵理 [下着脱ぎます]


 



サキ [ここから、良く見えるわ,よ、貴女が]

 



                                                                                   恵理 [脱ぎました]

 



サキ [素敵ねぇ、貴女の裸は私のお庭に似合うわ]

[そのまま、玄関まできなさい]

 

 



恵理は裸になると前腕で両胸を隠し、反対の手で股を隠し、隠れるように丸まった。

 


あたりを見回し、人がいないことを恐る恐る確認した。

 


強い日差しが恵理の肢体を反射させ、白い建物と新緑の芝にその裸体は溶け込んでいた。

 


塀、木、家、敷地にある全てが恵理に注目し 、自分の惨めな姿をあざ笑っているようだった。




                        裸の女が、女王の屋敷を歩いていく

 


自分の意思が通用しない世界を感じる。

 


  恵理「私、どうなってしまうの」

 


                            恵理「生きて帰れるのかしら」

 


                  なされるがまま、それしか選択肢はない

 


       自分の全てが支配され、管理される

 


             心も。身体も                 

 


             女王様のもの

 


背中とお尻を後ろに露出させながら女王の待つ屋敷へ地下づくと、獲物を食べようとする野獣のように、扉が開いた。

 

          


          目の前にいるのは女王。サキ

 


     ボンデージを身に着け、首輪と鎖を手にして恵理を睨みつけている。

 


   サキのホームページで見た時の姿と同じだ。あのとき足元で踏まれていた女は私。

 

 

 

  

   


   恵理「恵理です。こんにちは・・・・女王様」







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

heavyshame

Author:heavyshame
私たちがもつ素晴らしいもの。
それは「感情」
悦び、悲しみ、苦しみ、怒り
すべての感情から感動が生まれる。
生きていることを実感できる証です。

SMの魅力は人を感情の渦に引き込むこと。
人に感情を与ええたいSも
人から感情を与えられたいMも
現実から少し離れたいときや
いつもと違うことをしたいとき
思い切り爆発したいとき

SM世界はいつもあなたの隣にあります。

「興味があるけど入りにくい」という方も、「依存してるかも」という方も
一緒に楽しんでみませんか


このページはSMを嗜好する方を対象とします。
SMに不快感をお持ちお方、
18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR